ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

医療事務 資格や経験より 人柄を重視してます

求人広告に、募集をのせると、沢山の履歴書が送られてきます。
今の時代、情報に溢れ、ちょっと調べれば、何でも知ることができます。
「履歴書の書き方」と、ネットで検索すれば、いくらでも出てきます。
それなのに、そのちょっとをせず、残念な履歴書を送ってくる方が
結構います😢
履歴書を送ってきた人を、全員を面接する時間はありません。
履歴書のみで、まず、ふるいにかけることになり、
残念な履歴書の方から落ちていくことになります。

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

うちのような、地域の小さなクリニックでは、
医療事務の方にレセプト以外に、
窓口で、受付や会計などで、患者さんと直接、
接してもらわなければならないので、
にこやかで、親切
真面目で常識的、
清潔感がある、
というのが重要です。
そして、他の従業員さんとうまくやっていける
協調性のある方。
ベテランの方が抜けてしまった後の補充であれば、
資格を持った方、経験者に目が行くのは事実です。
しかし、第一は、”人柄”ということです。

資格や経験は二の次、
真面目であれば、仕事は出来るようになるからです(*^^*)

面接する方を選ぶ上で、写真は、とても大事です。
すごい不愛想な顔で映っていたり、
髪が長いのに束ねていなかったり、
前髪で目が隠れていたり、
普段着だったり(スーツとはいいません。襟付きシャツ、1枚くらいあるはず)。
そんなことで、非常識で、クリニックの仕事に向いてないと判断され、
面接もしてもらえないのは、もったいない話ですよね💦

あと、職歴で、短期間でコロコロ職場が変わっている人も、
すぐ辞められそうですし、
働く条件を書いている人も、自己中心的で融通がきかない感があり、
NGとなってしまいます。
自己PRをあまり書かない人も、意欲が見えず、印象はよくありません(>_<)

面接をして、数人に絞れたら、従業員さんにも
”この中から選ぼうと思うのだけど”
と、履歴書の顔を見てもらいます。
そして、従業員さんそれぞれに、
いいなと思う人、イヤだなと思う人を聞いておきます。
前の職場で一緒だったり、知っている人がいる場合もあるので、
イヤだなと思ってる人を雇わないことで、
従業員間のトラブルを未然に防ぐ事ができます。

あくまでも、うちのクリニックの話なんですが🏥