ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

留学3ヶ月 辛い時期から脱出!!

子供が、オーストラリアに語学留学して、もうすぐ3ヶ月になります。
 ”留学は、集団で行ったら意味がない。
  日本語を断つ気で行かな!”と、
それなりのやる気と覚悟を持って、行ったのですが、思っていた以上の大変さ。
留学は、甘くない!と、身をもって経験したようです。
www.bonobono-37.net
でも、先日、こんなメールが送られてきました。
” 最近友達ができすぎて、いい毎日を送ってます。
 先週は、新しいチャーチに行ったり、映画を観に行ったり。
 毎日誰かが連絡をくれます。
 最高。帰りたくないよ。
 最初の2ヶ月は大変だったけど、
 一人でも、いろんな所に参加してきた事が、
 今いっぱい自分に返ってきて幸せ。
 しっかり勉強もしてるから、英語も上達するはず(笑)”
とても、うれしいメールでした(#^^#)
友達と出かけた時の写真も、よく送ってきてくれるようになりました。

f:id:COLORFUL:20170611174340j:plain 
留学して1、2か月程して、やっと送ってきた写真は、
語学学校でクラスメイトと撮ったものだったのですが、
一番端っこで、よそ行きの笑顔で写ってました。
まだ馴染めてないのがよくわかる写真だったのですが、
最近、送られてきたクラスメイトとの写真では、みんなに囲まれ、
変顔をして、ふざけて楽しそうなものでした。
話す相手がいないので、話しかけてくれるお店に行っては、
寂しさを紛らわせていたのが

f:id:COLORFUL:20170611175724j:plain

いろんなお友達が誘ってくれるようになり、いろんなところへ出掛け、
一緒に食事をしたりと、楽しい日々を過ごせるようになっています。

2ヶ月間は、話せないし、聞き取れないしで、語学学校でも、
授業についていけず、先生やクラスメイトからも相手にされない、
辛くて寂しい日々が続いたそうです。
でも、せっかく留学したんだから、何かしなければと思うようになり、
英語で日記を書き、先生に英文が間違っていないか見て欲しいと、
毎日持って行ったそうです。
そうしているうちに、先生が子供のやる気を認めてくれ、
授業中も色々と、気にかけてくれるようになったんだそうです。
すると、クラスメイト達も、子供のことを気にし始め、
声をかけてくれるようになり、少しづつ友達が増えていったそうです。
また、学校が休みの日には、礼拝に行くと無料で英語を
教えてくれるという教会に通ってみたり、日本に興味がある人の会に
参加したりしていたそうです。
話せないし聞き取れないし、友達もいないからと、うちにこもってしまう
のではなく、思い切っていろんなところへ飛び込んで行った我が子。
自分の知恵と努力で、今の楽しい生活をgetしました。
なかなかタクマシイじゃないの😁
”可愛い子には旅をさせよ” ですね。