ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

ミシンで、パンツ👖の裾上げ(まつり縫い)

旦那がクリニックでの仕事履きパンツ👖を買いたいというので、
週末ユニクロへ行ってきました。
ネットで購入したいところですが、スポーツをしているので、
少々筋肉質。
ウエストサイズで購入してしまうと、ヒップや太ももが入らない可能性が
あるので、試着が必要。
久しぶりに店舗に出向きました。
1本、3990円のパンツを2本購入。安いです🙂
1シーズンでダメになっても、OKな値段。


早速、家で、裾上げなんですが、老眼が始まってから、
針仕事が億劫😭
メガネをかけても、針の穴が見えにくいし、ちゃんと縫えてるかも
わかりづらく、すんごい目が疲れて、肩が凝ります。
なので、いつか使ってみようと買っておいた ↓ ↓ を使ってみようか・・・

f:id:COLORFUL:20170630130626j:plain

と、思ったのですが、これからの季節は、頻繁に洗濯します。
100円ちょっとで、アイロンだけでくっつけるテープとなると、
使ったことはないのですが、どうしても不安。
やり直すことを考えたら、やっぱりミシン。
そう、なぜミシンを買ったかというと、子供の学校の小物を
作るためと、パンツ👖の裾上げがしたいからでした。
17、8年前、ミシンを選ぶ時に、
”少々厚い布でも縫える馬力と、
 直線縫い、ジグザグ縫い、まつり縫いができる機能があればいいです。
  刺繍機能なんて、必要ないです”
と言って、買ったミシンを今も使ってます。

f:id:COLORFUL:20170630124859j:plain

当時、10万円ちょっとで、購入しました。
”ミシンは、重いものがいいです。馬力は、重さに比例します。”
と、お店の方が言っていたのを覚えています。
結婚する前、1万円台と、3万円台のミシンをを買ったことが
あるのですが、いずれも、ちょっと分厚い生地になると、動かなくなったり、
糸が巻き込んだりして、楽しいソーイングのはずが、
ただただ、イライラするものでしかありませんでした。
そんな経験をふまえ、いいお値段でしたが、思い切って、
お店の人が勧めてくれた、重いミシンを買ったのですが、
全然違いました。
快適そのもの。
17、8年使ってますが、去年初めて、故障して、みてもらいました。
発売されて20年近くなると、故障した時、部品が残ってるか、残ってないかが、
修理の🗝になると言われました。


まず、パンツの裾をほどくのですが、握り鋏よりも断然 ” リッパー "
         ↓ ↓

f:id:COLORFUL:20170630110917j:plain

握り鋏よりも先が細く、糸をすくいやすいし、くぼみが刃になっているので、
糸がスッと切れ、” リッパー " があれば、裁縫には、
握り鋏は必要ないのではと思います。
裾の糸をはずすのも、あっという間です。
裁縫道具の中でも、一番使う道具の一つです。
裁縫道具を揃えるのであれば、是非とも入れておいた方がいい道具です。

ミシンがあっても、パンツの裾上げは、面倒だと思う人が結構いるのでは、
ないでしょうか。
でも、一度やってみるとさほど難しくはありません。
ミシンの押さえとダイアルをまつり縫い用へ変えるだけでです。
ミシンの説明書にもやり方が載っていますが、YouTubeの動画で見るのが、
1番わかりやすいですよ。


ミシンを使った裾上げ まつり縫い編

ユニクロだと、1990円以上の商品は、280円で裾上げをしてくれるようですね。
待ち時間がそれほどなければ、お願いしたい値段ではありますが、
機械ものは、ちょこちょこ使ってやらなければ、機嫌よく動いてくれない事も
あります。
それに、せっかく、ユニクロでリーズナブルなものを買っているのに、
裾上げ料を追加するのは、もったいない。
目は疲れ、肩はコリましたが、560円うかすことができたと思うと、
嬉しいですね。
デパートなら、2000円はとられてますから。
いい仕事したと思いませんか😊

f:id:COLORFUL:20170630114913j:plain