ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

アキレス健断裂の手術から3ヶ月

お盆過ぎに、最後の診察へ行ってまいりました。

”どうですか?
 痛みや違和感はまだありますか?”

”まだ、歩くと、傷口周辺やかかとが痛いです>_<”

”爪先立ちしてもらえますか?”
”ウン、腱はしっかりくっついてますよ。
 かなりしっかりと縫いましたからね(^。^)
  やはり繋ぎ合わせた健が伸びていくのには時間がかかります。
   年単位で治っていくと考えて下さいね。
    まだ痛みがあるようなので、また3ヶ月後とかに
     診察の予約入れときましょうか?
      それとも一応これで終了にしますか?”

”ウ〜ン、年単位というのなら、様子を見ます💦
 おかしいなと思ったら、また受診するので、
  これで一旦診察は終了で結構です” 

という事で、整形外科での診察は、終了となりました。


とは言っても、リハビリには週2回通い続けることに。 
リハビリ科でのドクターの診察も受けたのですが、
”アキレス腱断裂は、リハビリ期間が5ヶ月あるんです。
 リハビリするのとしないとでは、やはり全然違いますよ。
  今まで通り、週2回続けたらどうですか?”
と言われ、子供が夏休みで予定が色々あった8月前半は、
お休みしましたが、お盆が明けてから、再びリハビリへ通っています。
今も、大きなフットバスで10分足を温めた後、マッサージを受け、
傷の癒着を軽減するために、超音波振動の機械を10分傷周辺に当て、
その後再び癒着部分のマッサージ。
そのあとは、爪先立ちや、スクワット、ランニングマシーンで歩行練習をしたり、
不安定な板の上を歩いたりしております。

f:id:COLORFUL:20170827102236p:plain

上から、術後、3週、7週、3ヶ月(13週)の状態ですが、
足の腫れはほとんど引いていますし、患足の血行不良も解消されています。
傷周辺の癒着も少しずつましになってきて、皮膚が少し動くようになりました。
アキレス腱は、かなり太くなってしまいましたが、
もう少しは細くなるでしょうとドクターは言っております。


外から見るぶんには、かなり良くなったように見えます。
しかし、よく動いた日は、患足のみ、足首から下がむくんでだるいですし、
ツッパリ感もましにはなりましたが、まだあります。
歩くと常に痛みがあります。
つま先に体重がかかると出る痛みが、装具を取ってからずっと続いています。
我慢できる痛みなのですが、常に気になってしまう痛みでもあります。
そして、階段。
登るのは大丈夫ですが、降りるのは、つま先にかなり体重がかかるので、
1段づつ降りるか、カニのように横を向いて、降りています。
それ以外は、専業主婦なので、ほとんど支障なく生活は送れています。
動くことがリハビリになるといいますが、動くほど痛くなるので、
本当に痛みがなくなる日が来るのか少々不安な今日この頃です。
ドクターの言う、日にち薬というのを信じるしか無いですね。