ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

日帰りバスツアー 旬のカニ🦀を食べて来ました

一年前、初めて、1泊2日のバスツアーに行きました。
それが、とても良かったんです🙂
なので今回の冬休みも、クラブツーリズムで、
日帰りのバスツアーに行ってまいりました。
大晦日だったのですが、道はとてもすいていて、スムーズ。
予定通りの発着となりました。

www.bonobono-37.net

12月に入ると、しなければならない事がイッパイ(><)
なかなか、ゆっくり旅行の予定を立てる時間が取れません。
でも、そんな時には、バスツアー、助かりますよね。
旅行の細かな下調べしなくて済むんですから。





ツアーなら、心配しなくても、大抵の人が喜ぶであろう
オススメスポットに連れて行ってくれます。
立ち寄る場所が、数カ所であっても、時間の無駄がないように、
順番もきっちり考えられています。
自分達で行ったらありがちな、時間が足りなくなってしまって、
○○には、行けなかったね〜(><)ということが避けられます。
なかなか出かける機会に恵まれない私にとっては、1度に
いろんな所を効率よく見て回れるのは、とても嬉しいことです。

今回のツアーは、鳥取と兵庫。
『ずっしり!約750gの特大ズワイガニ1杯付き!
  たっぷり合計約1kgのカニフルコースと湯村温泉街』
                  一人、9990円!!

そう、目玉は、カニ🦀
この値段で、旬のカニが堪能できるツアー!!

f:id:COLORFUL:20180104202316j:plain

f:id:COLORFUL:20180105082346j:plain

f:id:COLORFUL:20180105082432j:plain

f:id:COLORFUL:20180105082513j:plain

f:id:COLORFUL:20180105083301j:plain

ズワイガニ1杯、目の前にド〜ン!!
まず、どこにハサミを入れれば上手にカニの身を、
取ることができるかのレクチャーがあります。
なので、小学生の子供達も、ほぼ自分で上手に食べてました😁
逆流性食道炎の私や、子供には、多すぎる〜。
と、思いましたが、カニは、淡白なので、結構食べれちゃいました。
どうしても食べれない分は、旦那に。
カニづくし料理は、どれも美味しかったので、
残すのがとても残念。
特に、せいろに入ったカニのちらし寿司が、
予想してたより、ずっと美味しかったので、
タッパに入れて、持って帰りたかったです。


食事の時間は90分。
カニを自分でさばきながらなので、
あっという間に時間は過ぎて行きます。
早く食べた人は、目の前の鳥取砂丘を見に行く事ができます。
私たちが残したものを食べる旦那を下の土産物屋で待って、
やっと砂丘へ。
滞在時間は、10分弱しかとれませんでした💦
初めて来た子供達は、もう少し遊びたかったようです。

帰りに立ち寄った湯村温泉街も、滞在時間は短め。
1時間ちょっと。
旦那は、温泉に入って、温まって来ましたが、女の人は、
髪の毛を乾かしたり、化粧を直したりする時間がいるので、
温泉は無理と判断。
なので、子供達と無料の足湯へ。
ところどころ、雪もあり、冷たい雪を触って遊んだり、
あったかい足湯に浸かったり。
子供達も楽しい1時間を過ごしました。

f:id:COLORFUL:20180105092649j:plain

昼食場所の鳥取砂丘、湯村温泉がメーン。
あとは、昼食前に海産物を買えるお店で下車。
お正月用にカニや鮮魚を買いに来る人、
私たちのようなツアー客で、
”かねまさ・浜下商店” 賑わっていました。

www.47club.jp

あとは、バスですが、山間では、雪景色を楽しめました。
雪景色が終わると、昼寝と、読書。
そして、トイレ休憩のサービスエリアでは、ご当地ものの
人気の食べ物を購入。
サービスエリアに寄る度に、バスの中で、おやつタイム。
1箇所での滞在時間が短いながらも、ぎゅっと詰まった充実した1日を
過ごす事ができるのが、日帰りバスツアーの良い所。
それに、知らない土地で緊張して運転することもなく、
アルコールも飲めます。
夫婦お互いが、気分的にもゆっくり楽しむ事が出来ます。
今度は、混雑が気になってマイカーでは、なかなか行けない、
桜の名所に連れて行ってくれるバスツアーに行って見たいと
思っています。