ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

オーストラリア語学留学で英語資格TESOLを取得①

子供が、大学を休学し、約1年間、
オーストラリアの語学学校に通い、
TESOL(Certificate4)の資格を
取得して、帰ってきました。
TESOLの中では、一番下の
資格ではあります。
でも、受験英語を勉強しただけで、
英会話なんて、全く出来ず、
語学学校初日の自己紹介も、
一人だけまともに出来なくて、
あんなにしょげていたのに。
本当に、頑張ってきたんだなぁと😭

TESOL(ティソル)なんて資格、
実は、子供が留学するまで、
聞いたことがありませんでした。
簡単に言うと、
母国語が英語ではない人に、
英語を教える為の資格。

f:id:COLORFUL:20180301132724j:plain

人に英語を教えるのですから、
まず自分が、相当、英語を
話せなければなりませんし、
その上、教え方も学ばないと
もらえない資格です。

子供は、語学学校で、
8ヶ月間、一般英語を学び、
規定の英語力に達していれば、
TESOLコースへ進学できるという
修学プランを申し込んで
おりました。
子供も、さほどTESOLについて
詳しく知らなかったようですが、
TESOLコースへ進めるいうことは、
自分の英語力が上がっている証に
なるので、TESOLコース進学を
目標にし、頑張る事にしたようです。

au-ryugaku.com

英語力の低い我が子は、
語学学校の一番下のクラスから。
リスニング、リーディング、
スピーキング、どれも全くと
言っていいくらい出来ない。
でも、英文法のテストだけは、
トップだったそうです。
これは、日本人あるあるなんだそう。

TESOLコースに進学が許される
クラスまで上がったと聞いた時は、
びっくりしました。
最初の2〜3ヶ月は、
授業で何を言ってるか
ほとんどわからないと、
よく泣き言を言っておりました。
3ヶ月を過ぎた頃から、
耳が英語に慣れてきて、
少しづつですが聞き取れるように
なったんだそうです。
それまでは、会話にも入れず、
孤独感でイッパイ。
初めての土地、慣れない環境で、
あらゆることに、右往左往。
覚悟して留学したけれど、
日本に帰りたくて帰りたくて。
英語力がないまま、
長期留学するには、
最初の3ヶ月を我慢できるかだと。



現に、サポートセンターに行った時、
”自分の思ってたのと違う!
もう、無理!
日本に帰る~! "
と,文句を言って騒いでいる
留学して間もない学生に
出会ったと、言っておりました。
また、大学のお友達も、
ドイツへ留学中なんだそうですが、
会話ができないから、
輪に入っていけない。
でも、勇気を出して、
拙い言葉で話しかけてみるも、
相手にしてもらえなくて、、、
何度か続くと、心が折れ、
もうこんな思いはイヤだと、
外出するのも嫌になり、
部屋に引きこもってるのだとか。

ある程度、覚悟をして、
留学しているはずですが、
やはり、想像を上回る大変さが
あるようですね。
高いお金を出して
留学させてくれている
親の気持ちを考え、
必死で帰国したい気持ちを
抑え、踏みとどまりは
しているものの、
留学先で引きこもってしまうと
留学した意味が、、、、
困難に立ち向かえる
強い精神力を養っておかないと、
長期留学は難しいのかも
しれません。