ドクターの妻 必然的に専業主婦になりました

結構、地味に暮らしてます。これからの人生の楽しみ方を模索中

オーストラリア語学留学 学校以外でも英語は学べる

英語力の低い我が子が、
TESOLコースに進学が許される
クラスまで上がっていくには、
かなりの頑張りがあったようです。

f:id:COLORFUL:20180308122829j:plain

最初は、英語を聞き取ることも、
話すこともできないので、
孤独で寂しくてたまらない😩
外国人はフレンドリーだから、
すぐに仲良くなれるだろうと
いうのは、単なる思い込み
だったようです。
語学学校での授業は、
グループ学習が多い。
英会話ができない新入生がいると、
課題が思ったように進まないので、
お荷物になってしまいます。
それはもう、あからさまに、
避けられてしまったそうです。

”日本人留学生も
 いるんじゃないの?
 だったら、
 寂しくないんじゃない?”
と、思うかもしれません。
でも、
”英語しか使わない!”
という環境に身を置かなければ、
英語は上達しないと言われています。
それゆえに、みんな、
わざわざ高いお金を出して、
留学するわけです。
日本人と仲良く、
日本語で会話していては
日本を離れた意味がないのです。
それに、
同じ国の出身者同士が、
母国語で話していると、
周りの学生たちは、
近寄り難くなる為、
友達ができる機会を自ら
遠ざけてしまう事になります。
日本を離れ、不慣れな土地で、
ひとりぼっちだと思うと、
きつかったようですが、
”ここは、我慢のしどころだ!”と
日本人がいるグループには入らず、
日本人と話す機会があっても、
英語を使って話すように心掛け
日本語断ちをしたそうです。

color-ful.hatenablog.com

最初の2〜3ヶ月、学校では、
英語が出来ないお荷物生徒な為、
なかなか、
相手にしてもらえないので、
英語を話す機会が増えません。
なので、ネットで、
ボランティアで英語を
教えてくれる所はないか、
人と接して英会話の練習が
できそうなものはないか、
探してみたそうです。
すると、あるわ、あるわ。
オーストラリアは、移民の国で、
外国人がとても多い。
なので、そんな人たちに、
英語を教えてくれる
ボランティア団体や、
いろんなコミュニティーが
あるんだそうです。
なので、
学校の授業以外の時間は、
そういった所に顔を出し、
英語を教えてもらったり、
いろんな人と接するように
したんだそうです。




中でも、一番通ったのが、
キリスト教の教会が
ボランティアで行っている
英語教室だったそうです。
教会の方は、信仰心があつく、
とても親切に接してくれたんだ
そうです。
中には、ハズレの教会も
あったそうですが😅
でも、大半は、
英語がなかなか理解できない
英語初心者の子供にも、
根気よく相手をしてくれ、
英語を教えてくれたそうです。
教会なので、
一緒にお祈りをしたり、
聖書を使った英語の勉強だったり、
宗教色はかなり強かったようです。
しかし、学校と違い、
温かく迎え入れてくれる。
それが、なんとも嬉しい。
孤独からも解放され、
更に英語も教えてもらえ、
本当に、ありがたかったそうです。

語学学校、
教会、
コミュニティーに
通う日々を過ごし、
留学してもうすぐ3ヶ月
という頃には、
耳が英語に慣れてきて、
少し英語を聞き取れる
ようになり、
少しずつ会話もできるように
なって、友達も沢山。
相手にされなかった語学学校でも、
英語に慣れてきた事で、
考え方も行動も積極的に。
そうなると、友達もでき、
学校に行くのも、
とても楽しくなって
いったんだそうです。

英語ができないから、
友達もできない。
友達ができないから、
英語を話す機会がない。
だから英語が上達しないと
悪循環に陥り、
”留学なんかしなきゃよかった”
と落ち込んでる人、
留学を直前に控え、
不安でたまらなくなっている人、
ボランティアや、
コミュニーティーなど、
あなたを受け入れてくれる場所は、
沢山ありますよ。